家賃保証会社を利用する|新築か中古か|ワンルームマンション投資は投資会社選びが重要

新築か中古か|ワンルームマンション投資は投資会社選びが重要

男の人

家賃保証会社を利用する

お金と人形

不動産経営は、入居者の家賃によって収入を得ることで利益が発生します。そのため、家賃の未払いが発生した場合、早急に対処を行わなければなりません。例えば未払いが少し遅れる程度ならば全く問題はありませんが、それが一月はおろか数カ月に渡って未払いになってしまった場合、その分赤字になってしまいます。退去を命じて出ていってもらうことも可能ですが、そうなってしまった場合未払い分の家賃は未払いのまま終わってしまう可能性は極めて高いです。そのため、現在は保証人制度を設けています。これは借り主が未払いの場合、保証人が家賃を支払うという制度です。保証人制度があるので家賃の支払いは問題ないと思うかもしれませんが、その保証人も支払うという保証はありません。そのため、近年では家賃保証会社という会社が存在します。
家賃保証会社とは、保証人の代わりに会社が借り主を保証するという制度であり、借り主が家賃を滞納した場合会社側が家賃を支払うという仕組みになっています。しかし、家賃保証会社も経営を行わなければならないため、いくらかの手数料が発生する仕組みになっています。家賃保証はいわゆる保険のようなものであり、転ばぬ先の杖として活用することになります。借り主がきちんと支払ってくれれば家賃保証会社を利用する必要はありませんが、必ずしも支払ってくれるとは限らないため、家賃保証会社を利用するかどうかはしっかりと考えてから決断しましょう。