失敗から学ぶ投資方法|新築か中古か|ワンルームマンション投資は投資会社選びが重要

新築か中古か|ワンルームマンション投資は投資会社選びが重要

男の人

失敗から学ぶ投資方法

積み木と紙幣

不動産投資を成功させるためには、まず安定した利益を生み出すようにする必要があります。無茶な投資を行った結果大赤字になってということもあるため、無茶な投資は非常にリスキーなのです。そのため、成功を目指す不動産投資よりも、失敗しない不動産投資を念頭に置いて投資しましょう。そんな失敗しない不動産投資の方法は、過去の失敗から学ぶことで可能になります。
インターネットを検索すると不動産投資の成功例や、失敗例が多く掲載されています。この2つの内、成功例は実際にはあまり参考にはなりません。成功例は若干運が絡んでいる要素が大きいほか、不動産の価格変動は激しいため成功例の通りやっても失敗する可能性があるからです。よって、不動産投資の失敗例を参考にして不動産投資を行いましょう。
失敗例で多く見つかるのは、中古物件を購入したことによって発生するリスクです。物件というのは、購入すれば必ず入居者が来るというわけではなく、何年も空き家が続く状況だってあります。この空き室の期間は、当然のことながら収入は発生しません。しかし、新築で購入した場合、空き室保証がついていることが多いため、しばらく空き室状態が続いても損害をおさえることができるのです。しかし、中古物件には空き室保証がついていることはほぼ無いため、結果として維持費のみかさんでしまい、安物買いの銭失いになってしまうということです。このように、実際に体験した失敗談をみることで同じ轍を踏まないように対策が練りやすくなります。